あなたは医療関係者ですか?

ここからのコンテンツは、日本ゴア合同会社の製品に関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
いいえ(日本ゴアの企業サイトへ)

このウェブサイトには、日本に住んでいない人向けの地域版があります。

どちらをご希望ですか?
地域のウェブサイトに移動

ご質問などがございましたら、お問い合わせページをご覧ください。

胸部大動脈疾患

胸部大動脈疾患には多くの種類があり、一般的なものとしては胸部大動脈瘤、外傷性大動脈損傷、および大動脈解離があります。胸部大動脈瘤および外傷性の胸部大動脈損傷では、病変部位の中枢側および末梢側は健常な大動脈となっています。

大動脈解離は、大動脈壁の内膜に小さな亀裂が発生して大動脈壁の層間に血液が流れてしまう、胸部大動脈の疾患です。 

胸部大動脈瘤について

胸部大動脈瘤とは動脈壁の一部が脆弱化したことで発生する大動脈の膨らみです。胸部大動脈の直径は通常2–4 cmですが、動脈瘤はこれを正常サイズの数倍にも膨張させます。

この疾患を治療しないまま放置すると、大動脈は破裂します。動脈瘤のサイズが大きいほど、また高血圧である場合には、破裂する危険性が高くなります。動脈瘤の破裂は致命的になることがあります。

Thumbnail

外傷性大動脈損傷について

外傷性大動脈損傷とは大動脈の壁の亀裂です。出血を起こして多くの場合死に至ってしまうような、完全な断裂が起こる場合もあります。完全な断裂ではなく、小さなまたは部分的な亀裂の場合には、大動脈に脆弱な部分ができてしまい、動脈瘤によく似た大動脈の拡張が起こる可能性もあります。この状態で治療せずにおくと、出血につながる大動脈の破裂が起こる可能性があります。外傷性大動脈損傷の破裂は、多くの場合死に至ります。

Thumbnail

大動脈解離について

大動脈解離とは、大動脈壁そのものに血液が流れ込んで内膜層と外膜とが分かれてしまうような、大動脈壁の内膜の亀裂です。層間に血液が流れることにより、動脈瘤によく似た大動脈の外層の拡張が起こる場合があります。

胸部下行大動脈の大動脈解離(B型解離)は、内科治療により当初は安定化する場合が多いですが、破裂や下肢への血流障害の危険性がある場合には、治療が必要となることもあります。

 

Thumbnail

パーパスを持ったイノベーション

ゴア® TAG® コンフォーマブル 胸部大動脈ステントグラフト アクティブコントロールシステムは、胸部大動脈瘤、外傷性大動脈損傷、およびB型大動脈解離という胸部大動脈における幅広い病態での血管内治療のために設計されたステントグラフトです。

関連製品

ゴアは、イノベーションの文化を基盤とした医療ソリューションを通じて、患者様のQOL向上を追求しています。ゴアのメディカル製品に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。
23858164-JA MARCH 2023